« 戦犯は小泉内閣だけか。後期高齢者医療制度をめぐって | トップページ | 誰のための放送倫理?『BRC判断基準2008』 »

「シカト」はお家芸──報ステ・スタイル

Photofurutachi_2

6月6日、日本最大のSNS画面からテレ朝に無期限撮影禁止…自民、古舘発言に抗議」(夕刊フジ - 06月06日 17:03))というニュースが飛び込んできた。「報道とメディアを考える会」でもこのところ、後期高齢者医療制度に関する「報道ステーション」(テレビ朝日)のちょっとした表現のズレ(有識者コメントや街頭インタビューを補完するカタチで、発言にはなかった作為的なテロップがつく)や、キャスター古館氏の恣意的発言に注目しているところだったので、自民党の迅速な対応に、正直なところ驚いた。道路特定財源問題に関しBPOに対して行った検証要請もそうだが、おそらく自民党内でも、野放しにしてきたメディア表現に対して関心をもち始めたということだろう。
同日の「報道ステーション」で、このニュースがどのように伝えられるのか、心待ちにして番組を視聴したところ、一言も触れられることがなかった。もちろん後期高齢者医療制度に関するコーナーもあった。いつものように自民党に対して怒って欲しかった我々としては少々拍子抜け。まあ「シカト(=無視)」はテレ朝のお家芸かもしれない。

ところで、6月5日の報道ステーションでは、古館氏が「7割の世帯で負担減となった」という後期高齢者医療制度に関する厚生労働省のアンケートに「はじめに結論ありきで調査したとしか思えない」と激怒していた。
確かに、アンケートの内容を確認したいと厚労省サイトを調べてみたが、アンケート内容(調査対象や質問項目など)も公表されておらず、単に、少しでも事実を知りたい我々にとっても、調査の信憑性を確認したいと思った。

また、ほぼ時を同じくして、自民党が都道府県の首長(知事)を対象に行った「長寿医療制度に関するアンケート調査」が発表された。アンケートによれば「同制度への『賛成』の意見は約84%、『反対』は約10%、『どちらとも言えない』は約6%だった。『賛成』の主な理由は(1)少子高齢化社会のため必要な制度(2)世代間の公平を維持するため(3)国民皆保険の維持のため—などだった。一方、『反対』の理由としては、年金天引きや子供と親の扶養分離が家族崩壊につながることなどがあげられていた。」(自民党HP/ニュース/6月4日)というもの。新聞やネットニュースでは報道されたが、報道ステーションではまったく報道されなかった(他のTV局・番組は未確認)。
都道府県の首長は我々が暮らす地域の代表として選出された人物でもある。そのアンケート調査について、TVニュースを通じて報道すれば、我々は事実を考える糸口をみつけることができる。さらに言えば、厚労省アンケートと自民党アンケート、あるいは、37.5%の人が「保険料が高くなった」という結果が出た「東京民主医療機関連合会」のアンケートについても比較検討する番組を提供してくれれば、視聴者一人ひとりのメディアリテラシー力に大きく寄与するに違いない。ちなみに、新聞やネットでは採り上げられていたことを申し添えよう。

誰のための報道なのか。
スポンサーか、番組制作者か、あるいは特定組織か。言うまでもないはずだ。
「シカト」がお家芸になるようでは、そんな当たり前のことさえ期待できないということだろうか。

*シカト=無視することをいう俗語。シカトは、花札の十月の絵柄「鹿の十(しかのとお)」が略された語。十月の札は、鹿が横を向いた絵柄であるため、そっぽを向くことや無視することを「シカトする」と言うようになった。(「語源由来辞典」より)

|

« 戦犯は小泉内閣だけか。後期高齢者医療制度をめぐって | トップページ | 誰のための放送倫理?『BRC判断基準2008』 »

♭データに注目」カテゴリの記事

報道されない意図」カテゴリの記事

後期高齢者医療制度」カテゴリの記事

放送倫理・BPO」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本最大のSNS=mixiといえば会員数は1400万人じゃないですか! mixi会員のすべてが見たとはいえないにしても、かなりの人が自民党がテレ朝・古館に抗議したという、そのニュースに触れたわけでしょう? それを無視するなんて、番組視聴者をバカにするにもほどがありますよ。ご自分たちを何様だと思っているのでしょうか。

{しかと」が、鹿がそっぽを向いた絵柄という説明には笑っちゃいました。多弁の古館が横を向いている姿を想像してしまったので。

投稿: pink | 2008年6月 7日 (土) 13時21分

報ステを毎日のように見ておりますが、そういえば、陸上の絹川が謎の感染症(おそらく中国・昆明合宿中に感染)で、五輪出場が難しいというニュースはやらなかったように記憶しとります。
いやはやなんとも。報ステ・スポンサーのイオンは、確か北京五輪のスポンサーですよね。選手一人も守れない「何か」があるのかもしれませんな。

投稿: AI-DA! | 2008年6月 8日 (日) 01時11分

いやー面白い切り口のブログですね。
親自民の様でそうじゃない、プロのジャーナリストだというんならテレ朝よ、これぐらいのスタンスを見習ってくれ、と言いたいがチャイナマネーに塗れて無理だよな。巨額のコマーシャル料という利権塗れのテレビが政界の利権を追求する喜劇に多くの国民が気づき始めているんだけど。

投稿: 石ノ森章太郎 | 2008年6月 8日 (日) 01時22分

9日の報道ステーションで、キャスター古舘氏は「そのように受け取った視聴者がいるとすれば私の本意ではない」と釈明した(読売新聞06月09日23:14)そうです。シカトではなくてよかったとは思うものの、前後関係の脈絡を含めて見直してみるつもりです。

ちなみに古館の「釈明」について、新聞社のなかで、報道したのはこの読売だけだったようです。自民党の抗議を伝えた朝日新聞をはじめ各社には、採り上げて欲しいと考えるのは、まだ報道に期待しているということかもしれませんが。

投稿: 報道とメディアを考える会 | 2008年6月10日 (火) 18時36分

「そのように受け取った視聴者がいるとすれば私の本意ではない」との古館のコメントはまるで政治家が自分の非を認めず謝りたくない、というのと全く同じです。
あの放送を見ていた国民100%が「よく笑っていられますね~」自民党の議員がカリユシを着て談笑している映像を流した後で、それも全く後期高齢者医療の話しなどしていない場面の映像を使っておいて、古館は捏造編集してまでも政府を批判すれば自分の仕事はパーフェクトと思っているようです。単なる政権批判バカ。
事実と違う情報のたれ流し、まさにテロ朝です。
ちなみに報道ステーションのスポンサーは民主党岡田克也のお父様AEONです。テロ朝もスポンサーには従順ですな~。

投稿: 世田谷住人 | 2008年6月11日 (水) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540177/21468875

この記事へのトラックバック一覧です: 「シカト」はお家芸──報ステ・スタイル:

« 戦犯は小泉内閣だけか。後期高齢者医療制度をめぐって | トップページ | 誰のための放送倫理?『BRC判断基準2008』 »