« ねじれ「問責」の陰で13重要法案可決! | トップページ | ★ウソの上塗りでも「バカな視聴者」は気づかない?——古舘vs自民党(2) »

どう見ても故意に入れた「かりゆし談笑」ーー古館vs自民党(1)

Photo

6月6日、自民党がテレビ朝日の「報道ステーション」(古舘伊知郎)に対して抗議を行い、これに対して当日夜の番組では、古舘氏は一言も触れなかったことは、このブログにも書いた(6月7日「シカト」はお家芸──報ステ・スタイル)。
週末をはさんだ9日の放送で古舘氏が「釈明」した報道が一斉になされたので、問題となった4日の放送内容、9日の釈明時、また報道では表面化されていないが、5日に放送された別の謝罪(画像の間違い)について、あらためて録画等からの検証を試みた。
我々の結論(推論)からいえば、古舘氏の「釈明」は、意図的な映像編集を隠蔽するための方便に過ぎない。わたしたち一般視聴者を欺く内容が含まれていることがわかった。
ちなみに古舘氏の釈明については、新聞などでも報道されたが、日刊スポーツでは「古舘氏自民に謝罪なし『笑う局面ない』」[nikkansports.com/2008年6月10日10時17分 紙面から]と報じた。的を得た表現だったといえるだろう。以下、経緯や検証内容を振り返る。

◆2カ所で意図的に別映像を挿入?
 まず、自民党の抗議内容を振り返ろう。

「自民党が問題視しているのは4日夜放送の後期高齢者医療制度に関する報道。3日の役員連絡会で党役員が沖縄の夏服『かりゆしウエア』を着て和やかなムードに包まれている様子をVTRで流した上で、古舘伊知郎キャスターが『よく笑っていられますねえ』とコメントしたという。
 自民党側は『後期高齢者医療制度を話題にして笑っていたわけではないことはテレビ朝日側も承知していたはずだ』としている。」(msn産経ニュース/6月6日)

 つまり自民党の抗議は、関係のない映像を(故意に?)織り込んで、さらに「よく笑っていられますね」とのコメントで構成した「流れ」に対してだった。
 ちなみにこのかりゆしウエアの談笑風景は、前日の3日、自民党の役員連絡会の映像で、クールビスへの衣替え後、初の会合での会議前のもの。パフォーマンス嫌いの福田首相のクールビズ姿に、歓声があがったそうだ。もちろん、後期高齢者医療制度とは、まったく関係ない。
 さらに演出的な(と思われる)のが、このVTR映像の後、カメラは古舘氏をアップに移り、8秒間あの古舘氏がじーっと沈黙した後、例の発言が続くこと。
以下我々のテープ起こし。

古舘伊知郎「……(沈黙8秒)…………よく笑ってられますね。えらい政治家の人たちは。笑ってませんでした? いま。結構な、割合の人が」
河野明子「笑顔に見えましたねえ……」
古舘伊知郎「はぁー……。加藤さん、まったくこの、7割負担減というのはですね、答ありきで頭のいい官僚の人たちが、数字出した感じが、私などにはして、マッタク信用できない」
加藤千洋「私もそういう感じしますね。あまりにできすぎた結果ですよね。事前の調査をやらなくて、大臣や官房長官がですね、『だいたい7割ぐらいの人が減るんじゃないか』なんてことを言ってて、その通りの結果が出たってことですからね……」

と、後期高齢者医療制度とこの日、厚生労働省から発表されたサンプル調査結果へと言及している。
9日の「釈明」で古舘氏は、「もし、そのように受け取られた視聴者の皆様方がいらっしゃるとすれば、それは私の本意ではありません」と応えている。
しかし、繰り返して見れば見るほど、かりゆしVTR→沈黙→コメントと、番組が伝えたメッセージは明確だと我々は感じた。
この一連の流れは「ケアレス・ミス」とは考えにくく、言い換えれば、世論誘導ととられてもいたしかたない内容を含んでいた。

さらに──。
同日の番組内で、もう一つの映像の間違い(故意のサシカエ?)があった。
オープニングで、厚生労働省がサンプル調査結果を発表したことの報道で、異なる会見(同日、同省の「人口動態調査」の記者発表)の画像を出していた。
写真には、赤いバックに白抜きの文字で大きく「7割の世帯が負担減」の文字が躍っていた。しかも男性3人が、下や横を向いたような絵柄で、なんとも申し訳なさそうというか、やる気がなさそうというか……、記者団と目を合わせられないといった構図(「報道とメディアが考える会」の私見)だ。

同じテーマのコーナーで、ケアレス・ミス2件は、前後関係からみても考えにくい。
次回は、この間違い(?)画像についてレポートしよう。

*画像はYahoo!ニュースより

|

« ねじれ「問責」の陰で13重要法案可決! | トップページ | ★ウソの上塗りでも「バカな視聴者」は気づかない?——古舘vs自民党(2) »

ニュース」カテゴリの記事

後期高齢者医療制度」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

意図的だから何度も繰り返すテレ朝、有名芸能人と同等の年収数億円の古舘が庶民感覚を連発し、まるでプロレス中継のように無責任なアジテーションを繰り返す。
報道番組として最低限の事が守れない、沖縄のサンゴに落書きをしたでっちあげが犯罪であるという事をいまだに自覚できていないという事です。

投稿: 石ノ森章太郎 | 2008年6月15日 (日) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540177/21636133

この記事へのトラックバック一覧です: どう見ても故意に入れた「かりゆし談笑」ーー古館vs自民党(1):

« ねじれ「問責」の陰で13重要法案可決! | トップページ | ★ウソの上塗りでも「バカな視聴者」は気づかない?——古舘vs自民党(2) »