« ★ウソの上塗りでも「バカな視聴者」は気づかない?——古舘vs自民党(2) | トップページ | ★まんまとはめられた視聴者──古舘vs自民党(4) »

★主張のためなら別映像の挿入は正当——古舘vs自民党(3)

 6月9日(月)、報道ステーション(テレビ朝日)では、4日の放送で、自民党から抗議が来たことに対し、古舘氏自身が「テレビをご覧の皆様に説明したく、時間をください」と、釈明を行った。

◆ 「釈明」内容を振り返る

 約4分間に及んだ釈明では、まず、問題箇所のVTR映像(=自民党役員連絡会で、かりゆしウエアで各委員が談笑している)を提示。この映像には、「報道ステーション6月4日放送」のほか、以下の放送時のテロップが被せられている。
「——後期高齢者で国が算出
 驚きの数値7割が負担減」
「与党:9日参院で問責決議案可決の場合
 →衆院に新任決議案を提出
 →10日に可決成立の構え」
この後の古舘氏の発言を文字に起こししてみた。

       *       *       *

このVTRの後です。えースタジオに来てカメラが私を捉えて私は「よく笑っていられますね、えらい政治家の人たちは」と発言をしました。それに対して自民党から抗議が来たわけです。
え、確かに、今ご覧いただいた自民党の党役員連絡会の映像は放送の前日の模様であります。
そして、開会前の雑談風景であり、後期高齢者医療制度について話し合って笑っている映像ではありません。したがって、自民党はそれが名誉の毀損にあたるというふうに抗議をしているわけです。
もし、そのように受け取られた視聴者の皆様方がいらっしゃるとすれば、それは私の本意ではありません。

私が発言した意図というのは、今、国政全般にわたって政治家の人たちが、笑っていられる局面など何一つない、多くの国民を痛めつけるような結果、長きにわたる政治の無策、そして果たして本当に血の通った政策・施策を行っているのか、様々な問題に対して真摯に対応しようとしているのか、その1点を申しあげたかっただけであります……

       *       *       *

──というものだった。「釈明」の趣旨を整理してみた

(1) 発言の意図を説明しただけで、謝罪はない。
(2) 「かりゆし談笑」映像と「よく笑っていられますね」発言は本意ではなく、名誉毀損にあたるかどうかは、視聴者の判断。
(3) 関係のない映像を挿入したことは認めたが、これについて「間違い」で入れたという認識はない。
(4) 主張(=笑っている状況ではない)を説明するためには、別映像を挿入する手法は、「正当」という認識

我々の前回のレポートにある厚労省記者発表に関する「間違い画像」の時の「謝罪」と読み比べてほしい。前述の釈明のあと、古舘氏の発言は下記のように続く。

       *       *       *

 かくいう私も大変未熟です。この番組が始まって以来、多くの視聴者の皆様方からお叱りの言葉をいただき、それを糧に成長させてもらってきたと思っています。これからもそれで成長していくんだというふうに思っております。
 私たちメディアも確かに様々な反省点があります。大いにあります。しかしこの局面にあって政治も私たちメディアもここは一つになってですね、国民にとってまず必要不可欠な政策、具体的なアイディア、国の方向は何なんだということをですね、前向きに一緒になって考えていくべき局面ではないでしょうか。皆様方は、どうこれに対して考えますか。

       *       *       *

 古舘氏は、別映像挿入については多くを語らず、問題を政治局面にすり替え、判断を視聴者にゆだねることで、自らと番組の正当性を主張するに至った。
 古舘氏の発言にあるように、我々「報道とメディアを考える会」でも、現在は、「前向きに一緒になって考えていくべき局面」だと考える。
 しかし、別映像の挿入によって、一定の意図に沿った編集が日常的に行われていると考えれば、「政争の具を再生産」していることにほかならない。
 厚労省記者発表の画像の間違いについての古舘氏の謝罪を引用しよう。
「こういった基本的な間違いが度重なれば、これは、視聴者の皆様方を欺くことになってしまいます」
 テレビはつくづく怖いメディアだ。
 文字に起こせば判ることでも、市民の味方を演出した編集映像をたれ流すことで「かりゆし談笑」の件は隠蔽されてしまい、この後「大人げない自民党」のイメージが増幅されてゆくことになる。
 真に視聴者・国民へ判断材料を提供する報道姿勢はどこにもない。
 次回(最終回)は、ブログなど市民の反応について。

|

« ★ウソの上塗りでも「バカな視聴者」は気づかない?——古舘vs自民党(2) | トップページ | ★まんまとはめられた視聴者──古舘vs自民党(4) »

テレビ朝日」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

後期高齢者医療制度」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

結局は、古舘氏の倫理観の欠如と放送法に対する遵法精神の歪みなんですね。

公共の電波を利用して自分の正義感を振りかざすのは、所詮三流芸能人ということです。

投稿: | 2008年6月18日 (水) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540177/21671385

この記事へのトラックバック一覧です: ★主張のためなら別映像の挿入は正当——古舘vs自民党(3):

« ★ウソの上塗りでも「バカな視聴者」は気づかない?——古舘vs自民党(2) | トップページ | ★まんまとはめられた視聴者──古舘vs自民党(4) »