« ★ 「限界集落」は斬り捨て御免〜民主・岡田副代表とおぼろ大橋 | トップページ | ♪大マスコミの世論調査と麻生「あげ足とり報道姿勢」 »

★岡田克也・野田国義の選挙戦略〜政権交代のおもちゃにされる橋〜

10月16日、岡田克也民主党副代表は、古賀誠自民党選対委員長の選挙区(福岡7区)へ放った刺客、前八女市長野田国義氏の案内で、おぼろ大橋(福岡県八女市上陽町)を視察。1月の菅直人氏視察報道と同様に、ふたたび「無駄な公共工事」の象徴として報道されるに至った。
我々は、菅直人おぼろ大橋視察報道について、事実検証のため現地取材等を行い、ウソの積み重ねによる「ヤラセの可能性を否定できない」という結論をもっている。
今回の岡田氏視察とその報道においても、内容に疑問を抱き、ふたたび上陽町・おぼろ大橋を現地取材するに至った。
その結果、岡田氏一行は、午前8時過ぎ、橋のたもとにある交流施設が開館前の時間帯に訪れ、レストランが閉店しているという印象を捏造することによって、民主党の主張(公共工事の無駄の典型)を喧伝している事実をつきとめている(動画参照)。

次期衆院選で「全国でも注目の選挙区」とされるこの地を、政争の具の標的にするという絵を描いた政治家・政党にも問題があるが、その事実ねじ曲げを承知のうえで、検証もせずにそのまま報道する側のモラルも当然問われるべきだろう。国民の知る権利に奉仕することが報道の使命ではないのか……と。
また、八女市上陽町という、過疎や限界集落の格差問題を抱える「地域」を蹂躙(*)することで、「政争の具」を作り出す政党に、国民や弱者の立場に立って「地方」や「格差」の問題に取り組む姿勢が、ほんとうにあるのだろうか、と。
その芝居の役者を、政権奪取のためなら手段を選ばないといわれる現民主党執行部ならともかく、誠実・実直を旨とし与党支持者からも信頼の篤い岡田氏が演じていることは、さらに罪深いだろう。

ちなみに「土下座」がクローズアップされてしまった前上陽町長・牛嶋剛さんは、新聞では、古賀誠後援会上陽支部会長という肩書きが紹介されたが、古賀誠氏に対する民主党刺客になった野田国義氏の、八女市長時の後援会上陽支部長でもあり、市町村合併以前は、隣接する自治体の首長として、ともに地域活性化に尽力してきた人物である。

すでに八女市では、突然、首長を失った地域おこしの取り組みに、混乱が始まっていた。また「(野田氏は民主党・小沢氏に)利用されて可哀想」という声が多数あるほか、「小沢氏から比例2位の確約ができている(落選することはない)」と言う人も複数存在した。
注目の選挙区で何が起きているのか──
またどのようなかたちで報道がなされ、世論形成が誘導されていくのか──
我々は、国民としての等身大の問題意識と事実検証をもとに、今後も注目していきたいと考えている。

* 蹂躙(じゅうりん)=暴力・強権などをもって他を侵害すること。


[取材協力]
★上陽町ふるさとわらべ館(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/joyo_warabe/
報道とメディアを考える会のブログ・動画を見て来場した方には、特製プレゼント有り。

|

« ★ 「限界集落」は斬り捨て御免〜民主・岡田副代表とおぼろ大橋 | トップページ | ♪大マスコミの世論調査と麻生「あげ足とり報道姿勢」 »

おぼろ大橋レポート」カテゴリの記事

報道されない意図」カテゴリの記事

民主党の人々」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

道路特定財源・暫定税率」カテゴリの記事

コメント

社会主義民主党の小沢一郎、鳩山由紀夫及び岡田克也には、政策の共通点がある。
その共通政策は、外国人に参政権を与えること。
三人そろって売国奴なのである。

投稿: 小沢鳩山岡田の共通点 | 2009年6月29日 (月) 14時46分

初めて、このサイトをしりました。国が絡んだ橋建設については、よくわかりませんが、町長さんは本当に私たちの事を考えて町政を仕切ってあったとおもいます。税金どろぼうのような国会議員とは違います。マスコミの方には事実をそのまま報道される事を望みます。

投稿: 上陽町民 | 2012年12月24日 (月) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540177/25116846

この記事へのトラックバック一覧です: ★岡田克也・野田国義の選挙戦略〜政権交代のおもちゃにされる橋〜:

« ★ 「限界集落」は斬り捨て御免〜民主・岡田副代表とおぼろ大橋 | トップページ | ♪大マスコミの世論調査と麻生「あげ足とり報道姿勢」 »